KAIAS1JP'S BLOG

ハード系中心から日常系に変わりました

お名前IDを削除してお名前.comと縁を切りました

色々悪評も多いお名前.comですが、私はつい最近までは特に気にもせず利用していました。その気持ちが変わったのはあるメールの内容。「SEO対策に中古ドメインを!」というような内容でした。個人的には中古ドメインを使う気は無いのでそれはそれでいいのですが、謳い文句が心に引っかかりました。「この書き方だと、昔注目が当たっていたドメインを購入してタダ乗りしようと言いたいのか?」と。
若干嫌気がさしていたのにとどめを刺したのがこんなメール。「アダルト業者に取られる前になんちゃらドメインを取りましょう!」みたいな感じでした。企業向けならいいですが、個人利用ではあまりそこまでお金をかける気もありませんし、文面中に「登録するだけです。ネームサーバーとか使えません」と書いてあるではありませんか。「自分のサイトに誘導できないのかよ!」と思う様になったら、なんかこのまま利用する気がなくなりました。

そんなわけで、契約しているサービスを他に乗り換えるか解約することにしました。調べる前は知らなかったのですが、ドメイン移行については特定のトップドメイン以外すでに支払っている期間は移行先に引き継げるのですね。
ひとまず安心して、まずは登録情報の更新をしました。引っ越しとかもあって登録情報が古かったんですね。ここで1回目の怒りが爆発。住所などを更新する時には郵便番号から住所を選ぶ方式だったのですが、「入力した郵便番号が存在しない」というエラーが出て住所が更新できません。入力した郵便番号は実際に届いた荷物に書いてあるものですし、もちろんGoogleで検索したらきちんと自分の住所がヒットします。住所が最新になっていないと、ドメイン移管時のチェックで拒否される可能性があります。そんなわけで問い合わせフォーム経由で問い合わせ。しばらくして、「郵便番号のデータが最新になっていませんでした。申し訳ありませんでした。」とメールが来てできる様になったらしいので住所などを最新化しました。
お名前.comで取得したドメインを全て別のレジストラに移管しました。やり方はドメインごとにお名前.comの管理画面で移管用のコードを取得して、移管先でドメイン名などとともに申請するだけです。情報が正しければ、移管先からお名前.comに通知がされてそれを元に自分宛にお名前.comから移管確認のメールが来ます。そのメールにあるリンクをクリックして表示されたWeb画面の内容を確認して承認すれば移管が完了になります。

さて、ここで2回目の怒りが爆発。あるドメインを移行先で登録してもお名前.comからメールが届きません。「何か間違えたかな?」と思いつつ少し待っていたら移管先からメールが。「申請したよ。移管元が拒否しなければ何日後には自動で移管されるよ」と書いてあったのでそういうものなのかと思いつつその日を待ちました。で、その日に「無事に移管された」と移管先からメールがあり、移管先のシステムでも「移管完了」になっていたのですが、念のためお名前.comの管理画面を見るとそのドメインが残っているではありませんか。もちろん移管されているのでお名前のシステム上でも移管用のコードが発行できなくなっておりゴミデータと化していたのですが、これでドメインが使えなくなったら困るので、また問い合わせフォーム経由で問い合わせ。そうしたら、「移管依頼の確認漏れがありました。データは削除しました。」と返事が来ました。そのあと確認したら確かに削除されていました。

他にもメールサービスを利用していたので解約申請をして、解約日の次の日にお名前IDの削除をしようとしました。ここでも問題が。削除しようとすると「ご契約中のサービス、またはご入金待ちの請求があるため、お名前IDを削除することができません。」というメッセージが表示されて次へ進めません。管理画面で解約になってドメインも0なのを確認して問い合わせフォーム経由で問い合わせ。そうすると「メールサービスは万が一の復帰を考慮して一定期間データを保持しております。この期間はIDの削除はできません。したい場合は、サーバの即時廃棄申請をメールでしてください」という様な文面とともにフォーマットが送られてきたので、「まあ、これは仕方がないか。申請しよう」ということで申請したらそれほど時間もかからずに廃棄完了のメールが届きました。

ここまで来ると次に何が来ても驚きません。念のため、翌日に再度IDの削除を試しましたが、同じメッセージがでます。「廃棄していないとは考えにくいし、あとは一時期借りていたサーバサービスのデータが残っているのかな?」と思いながら、問い合わせフォーム経由で「削除できません。もしかしたらずっと前に借りていたサーバサービスのデータが残っているのかもしれないけど、どのドメインで借りていたかはメール探さないとわかりません。」と怒りを抑え気味にして問い合わせ。
さて、どうなったと思いますか?まずは「原因調査中です。ご迷惑をおかけしますがお待ちください」みたいな文面でメールが来ました。こうなったらこちらで何かすることもないと思い待ちました。半日以上経ってメールが来ました。「旧レコード情報が残っておりそれが原因で削除申請時にエラーとなっておりました。修正したので再度お試しください。」というようなお詫び文が。どのドメインの情報かわからないので推測ですが、以前移管の通知を見逃していたドメインに関する情報がどこかに残っていたのでは無いかと。というわけで、無事お名前IDの削除をすることができました。

まあ、トラブルは起こらない方がいいですが何も無いということはそうそう無いので良い経験になりました。一つよかった点で言えば「日本語で問い合わせて日本語で回答がくる」でしょうか。英語が不得意な私にとっては余分なストレスを追加することがなかったので、大爆発はしませんでした。
ID削除までの顛末を書きましたが、備忘録というか一つの参考になれば良いかなと思います。